法律関係の仕事をしている人が沢山いる

日本は法治国家なので沢山の種類の法律がありそれに関わっている仕事をしている人が大勢います。
例えば弁護士や司法書士、公認会計士や社会保険労務士等になるためには難しい国家試験に合格する必要があります。
そしてこの国家試験に合格するには沢山の法律について理解する必要があるので、皆一生懸命に勉強しています。
そして見事合格して実際にその仕事をする場合にも法律について詳しくなければとても業務を遂行することができないので、仕事に就いてからも一生懸命に勉強することになります。
また毎年法改正が行われているのでそういったことについてもよく知っておく必要があります。
そのため全て暗記したからそれについて勉強しなくて良いと言うことはなくて、毎年法改正の部分についてしっかりと確認し理解しなければならないのです。
そうでなければ業務に支障を来たしてしまい顧客に大変な迷惑をかけてしまうこともあるので、そういったことにならないためにも日々勉強する必要があります。

オリジナル封筒作成

空調設備.jp

無料の電波チェック

エアコン取り付け 埼玉

「パロディ作品」と著作権について

 日本のアニメや漫画の文化の一角を占めている物として「既存作品のパロディ作品」俗に「二次製作」や「同人誌」と呼ばれる物が有ります。
 これはほとんどの物(一部で著作者の許可を取った物もある)が無許可、つまり「著作権侵害作品」なのですが、元々同人上がりでプロになった方も多いという世界ですし、一般的な同人作品は小規模なので「訴えるだけ面倒」という事で黙認されているというのが実情です。
 ここまではちょっとしたサイトには書かれている話なのですが「同人誌にも著作権があるのか」という観点で説明する方というのは少ないです。
 実際「無許可同人誌の無断転用」などで訴えた方というのは存在していないのであくまでも理論上の話ですが、法律上は侵害している作品にも同様の権利があると考えるのが一般的なようです。
 ただしこれは法律上の話であり、実際問題として自分が行っている著作権を避けながら相手を訴えるというのは不可能に近く、同人誌の無断転載などはほぼ放置されているのが現状です。

最新投稿

お知らせ

一覧

法律を扱う仕事の社会的意義

法律の仕事である弁護士

法律の仕事について明らかにします

法律の仕事をする人々の話